相手の年齢が本当とは限らない

出会い系サイトのプロフィールには、もちろん年齢も記載されているわけですが、その年齢が本当かどうかは正直分からないわけです。多くのサイトでは年齢は自主的に申告する仕組みとなっているので、いくらでも誤魔化すことができるのです。

最近では、身分証による年齢認証を行っているサイトも増えてきましたが、それでもまだまだそういったサイトは少ないです。特に無料サイトの場合は、ほとんどが画面による確認しか行っておらず、正式な年齢認証は行っていないのです。したがって、例えば17歳の人が20歳と年齢を偽ることも可能なのです。

当然ですが、18歳未満の利用は禁止されているわけですが、上記の通り年齢認証を行っていないサイトなら、簡単に登録できてしまうのです。もし未成年と出会ってしまえば、それだけで面倒なことになりかねませんし、まして一緒に宿泊をしたり一夜を共にしたりすれば、厄介なトラブルになってしまうかもしれないのです。

ですから、相手の年齢を完全に信じきるのはリスキーですし、ある程度疑いながら相手とやり取りするようにしましょう。そして、もし出会った時に明らかに年齢を偽っていると感じたのであれば、その場ですぐに相手とは別れるようにしましょう。

出会い系サイトのトラブルを把握しておく

出会い系サイトを利用していると、たまに「架空請求」が送られてくることがあります。慣れている人であれば、気にせずにそのまま無視してしまうことも出来るでしょう。ですがあまり慣れていない学生などが架空請求を受け取った場合、不安になってしまうこともあるようです。もちろん少し調べれば架空請求だということが分かるので、相手にしなくなる場合もあります。

ですが不安が強くなると調べる余裕が無くなり、本当に払わなければならないと考えてしまうことがあるのです。
ただ、既に架空請求は世間でも大きな話題になったために、知っている人も多く騙される人は減っているようです。
出会い系サイトに登録をすると、いきなり迷惑メールが増えることもあります。ですから架空請求に関しても、迷惑メールと同じだと考える人も多いので大きなトラブルになることは少ないようです。

そもそも出会い系サイトからの請求額は、自分で把握できているのではないでしょうか。無料の出会い系サイトを利用する人も多いので、請求が来た時点で悪徳業者の仕業だと分かる場合もあります。架空請求は今でもあるようですが、自分に送られてきても必要以上に不安に思わなくても良いのです。出会い系サイトは新しい出会いを探すのには便利な場所になっています。ですからよくあるトラブルは把握しておき、騙されずに利用すれば良いのです。